MENUMENU

Game Music

Meet Forcewick, The Studio of Former Capcom Sound Director and Designer Masayuki Endo

Meet Forcewick, The Studio of Former Capcom Sound Director and Designer Masayuki Endo

October 15, 2009 | | 2 Comments Share thison Facebook Meet Forcewick, The Studio of Former Capcom Sound Director and Designer Masayuki Endoon Twitter

It was just a few months ago that we told you about Testsuya Shibata’s departure from Capcom to form his own studio, Unique Note, and in a similar fashion, Masayuki Endo has also started out on his own, but in the realm of sound design as opposed to composition.

For those who can’t seem to remember where they’ve seen Endo’s name, he was the sound director and designer for Street Fighter IV and Chaos Legion, and did sound design for a number of other titles during his years at Capcom. He’s now out on his own under the name of “Forcewick,” and OSV has been fortunate to be able to talk to him about the new studio and what his goals are for the company.

Read our interview with Forcewick’s Masayuki Endo after the jump!

OSV: Endo-san, thanks for taking the time to talk to us about your new studio, Forcewick. We know that Shibata-san, former sound director and colleague of yours at Capcom recently left to start up his own studio, Unique Note, and now you’re starting out on your own as well. What went into your decision to leave Capcom after so many years?

Endo: It was really a stimulating experience working on such huge projects at Capcom. I really appreciate everything I was able to do at the company. Of course I thought that I would keep working at Capcom and make even better sounds, but I came to think over the years that I wanted to create sounds my own way and in my own style. That thought and emotion led to my decision to leave Capcom.

OSV: It’s interesting because although we’ve seen many composers leave major developer’s to start their own studios, we’ve never really seen it happen with a sound designer like yourself. Tell us about this business model and what you’re hoping to accomplish with Forcewick.

Endo: I‘m going to enact my vision through my work, keeping my own color and individuality. But I think there are some differences between huge companies and smaller ones. I don’t think huge companies can do everything. Forcewick is a tiny company, as you know, but we can create the best 5.1 sound mix regardless of the budget.

OSV: What do you see as a benefit of being an independent sound designer as opposed to working in-house? Are you only going to be seeking projects in games?

Endo: Now that I’m independent, I think the main thing is that it’ll be easier to get things done more rapidly compared to working in-house. I constructed my own studio with a foley booth and have customized the work environment and studio to better fit my work style, which helps me do real time audio recording using Protools. It would be difficult to have such an environment for in-house engineers.

Of course I want to have the chance to work on movies in addition to videogames. Now I’m free to do that.

OSV: Will you be the only employee of the company, or are you hiring on more staff?

Endo: I want to hire more staff for some future projects, but for now, I’m the only employee.

OSV: Please tell us about your studio setup. What kind of equipment will you be using, and you have a foley stage for creating your own unique sounds?

Endo: I mainly use the system of Protools HD3 accel + D-command ICON. I’m going to have more in the future, but this is enough for me for now. Regarding microphones, I have an AKG, and I use Chameleon Labs as a mic pre-amp. And yes, I have a kind of foley stage in my studio. It’s not too big, but it’s enough for the foley recording.

OSV: I’m curious about your take on stock sound libraries. We’ve all played games that use that standard pig oink and creaky door sound, so I’m wondering what your philosophy is on sound design. Is it difficult to balance sound effects with music and all the other elements in a game?

Endo: I simply want to create more realistic sounds, so I don’t really have a complicated philosophy. The most important thing I think is to catch the images of the sounds in the real world. I know you can’t always listen to the more peculiar sounds in real life, but I always use my imagination. It’s important to try to express those sounds even better than I can imagine.

As for the balance of sounds, I always think about it. If I create good multi-audio tracks, it really helps me mix the audio. Of course I need to make the stem mixes carefully, but good multi-audio even helps me do the mastering.

OSV: While most of your work has been in sound design on titles like Marvel Vs. Capcom 2 and Chaos Legion, you were the sound director for Street Fighter IV. How did this role differ from your previous work at Capcom, and how did you manage to find yourself in charge of all the sound for the game?

Endo: I worked on both Chaos Legion and Street Fighter IV as the sound director and sound designer. As for Chaos Legion, it may be exaggerated to say “I was the sound director!,” because I was really young… [Laughs] I think the sound director and the sound designer should be the same role because a sound designer should “design” the sound team as well as the whole sound of the game.

OSV: Which of these projects was the most interesting to work on? Do you have any interesting stories for us? What other titles have you worked on over the years?

Endo: Street Fighter IV was impressive because it was such a famous franchise from Capcom! When I started working for Capcom, I had a chance to work on some fighting games which were similar to Street Fighter. After I finished those titles, I had worked on many other kinds of games for a long time, but I was thinking, “If I get the chance to work on a game like that again, I want to try to use some brand new technologies.” Then the producer of Street Fighter IV suddenly asked me to work on the game. I thought it was kind of like destiny!

These are the titles I worked on at Capcom:

JOJO’s Bizarre Adventure
MARVEL vs. CAPCOM 2
CAPCOM vs. SNK
series
Chaos Legion
Shin-Onimusha Dawn of Dreams
Monster Hunter Frontier
Street Fighter IV

OSV: Did you enjoy this role, or would you have simply preferred to be doing sound design for the game? Perhaps this change in role was a reason for your departure?

Endo: I enjoyed the role of sound director so much, and I’m planning on keeping that role at Forcewick as well. As I said before, I think sound design should be equal to sound direction, so I want to take both roles in order to watch the sound of the game as a total picture. Actually, my resignation had nothing to do with this change in role.

OSV: We couldn’t find a whole lot of background information about you available in English, so I was hoping you could tell us about yourself. What is your musical background, and how did you come to work in the gaming industry? What are your goals for the future?

Endo: I used to have my own music band when I was in the high school. That band was the start of my musical career, so after I graduated, I sought out special training at a school of music. I used to listen to a lot of techno music and drum’n’bass back then. After I graduated, I fortunately got the chance to work at Capcom. It’s interesting because usually people who want to work for game companies want to be composers, but I wanted to be a sound designer.

OSV: It seems that when audio staff leaves a company, they remain on very good terms with their former employers. Will we be seeing you working closely with Capcom in the future? Is there a particular title that you’re hoping to work on?

Endo: Well, I hope I will have the chance to work on some Capcom titles in the future. If they offer me a project, I will gladly work for them and promise to do my job even better than I used to. There’s no limit on the titles or companies that I’ll work with, so I’m looking forward to working with many different companies on many different titles. If I’m able to do my job even better in this new setting, it will be my pleasure!

OSV: Do you have any projects lined up yet? Are you able to tell us about any of them?

Endo: So sorry, I can’t talk about my current projects right now because of non-disclosure agreements.

OSV: Well Endo-san, we wish you luck with Forcewick. Congratulations on the new move!

Endo: Thank you!

[Special thanks to Tetsuya Shibata for coordinating and translating this interview]

OSV: 遠藤さん、あなたの新しい“フォースウィック”スタジオについて、お話を伺うお時間をいただき、有難うございます。私たちはあなたの元同僚で、カプコンでサウンドディレクターをされていて最近独立し、“ユニークノート”という制作会社を立ち上げた柴田さんより、あなたも同じく独立されると伺いました。何年もカプコンで働いた後、会社を辞めて独立しようと意志を固めた経緯を聞かせてもらえますか?

Endo: カプコンでの制作は非常に刺激的でした、ビックタイトルを担当させて頂いて世の中に自分の作品を送り出せた事に非常に感謝してます。カプコンに勤務しさらに良い作品を目指し、日々を過ごす事も当然考えました。 しかし、自分の中で自分の制作スタイルに合わせた形でMA等の作品が作りたいという想いが日々強くなりました。その想いだけで独立してしまった感じですね。

OSV: 私たちは大きな制作会社から独立して自身のスタジオを持つコンポーザーを良く見かけるのですが、あなたのようにサウンドデザイナーが独立するというのは初めて聞きましたので、とても興味深く思っていま。この“サウンドデザイナー”のビジネスモデルと、あなたが“フォースウィック”を立ち上げた目的・目標をお聞かせ願えますか?

Endo: ビジネスモデルというのは今後、制作続ける中で確立するものですのでビジョンはありますが現状、明確になってるものではございません。まずは自分の色や個性を出した制作を続けて行く中でビジネスモデルを確立するしかないのかもしれません。ただ一つ思う事は、大きい会社だから出来る事と小さい会社だから出来る事は違います。大きい会社だから何でも出来るわけではないと思います。小さい会社だから出来る事や大きなバジェットがなくても拘ったサラウンドMAを“フォースウイック”では形にして行きたいと思います。

OSV: インハウスで働くのと比べて、独立したサウンドデザイナーであることの利点をお聞かせ願えますか?また、ゲームの仕事のみを探していくおつもりでしょうか?

Endo: やはり独立した方がフットワークは軽いですよね。今回はスタジオを制作しましたので、やはり自分用にセッティングしてありますし専用のfoley部屋があります。リアルタイムで制作中のprotoolsセッションファイルにドンドン録音しMAを進める事はインハウスでは難しいのかもしれません。

もちろんゲーム以外の仕事もしてみたいですね。映画等もやってみたいと思い独立したという経緯もありますので。

OSV: 従業員はあなただけですか、それとも他にもおられますか?

Endo: 一人で起業しましたので現状は私一人ですね。しかし、仕事の話もいろいろ頂いておりますので近日中に増員予定となっております。

OSV: あなたのスタジオ環境について教えてもらえますか?どのような機材を使用または使用予定ですか?また、あなただけのユニークなサウンドを作るためのフォーリーステージとかもあるのでしょうか?

Endo: 環境はProtoolsHDaccel3+D-commandのICONシステムをメインとしております。まだまだ環境的にいい機材ばかりとは行きませんが、個人的には非常に満足できる環境となってます。micはAKG、micpreはchameleon labsを使用し、フォーリーステージとまでは行きませんがフォーリーやちょっとした音を録音できる防音ステージは用意してあります。

OSV: 私はあなたの録音してきたサウンドライブラリーのストックに興味があります。私たちはブタがブーブーなく声や、ギーギーきしんだドアの音など、ゲームで普段よく耳にするのですが、あなたがサウンドデザインする際の信条・哲学などがあるのでしょうか?また、効果音を音楽やその他ゲームの要素とうまくバランスを取ることは難しいのでしょうか?

Endo: 信条や哲学という程の難しい事は特に考えてないですが自分の意識としてはより本物より本物らしい味付けがどの位できるか?と考えてます。実際は、そこまでの音は現実社会では鳴りませんが頭の中では鳴ってます。その頭の中のイメージを損なわずによりイメージを上回るか?これが勝負なのかもしれません。

効果音と音楽のバランスというのは常日頃考えてます。しかし最近思うのは、丁寧に音場を作り上げた良いMAを行えばあまりMIXに気を使う事はないと思います。もちろんSTEMでのミックスは必要ですが、その段階までくると簡単にマスタリングまでもって行けると感じてます。

OSV: カオスレギオンでなどのタイトルではあなたは“サウンドデザイン”という担当でしたが、ストリートファイター4では“サウンドディレクター”でした。カプコン時代の仕事で、なぜこれらの役割が違ったのですか、また、どのようなきっかけですべてのゲームの音を担当するようになったのですか?

Endo: “サウンドディレクター”というのは最近の表記なのかもしれませんね。私は、カオスレギオン、ストリートファイターⅣでは全ての効果音とサウンドディレクションを担当させて頂いておりました。カオスレギオンでは、まだまだ若かったという事もありますがサウンドディレクターですと胸を張っていえる状況ではなかったのかも知れません。“サウンドデザイン”は効果音を作る事ではなくゲームサウンド全体をデザインするという認識でおります。ですので私の中では“サウンドデザイン”“サウンドディレクター”は同じ認識でもあります。

OSV: 上記のタイトルの中で、最も興味深かったのはどれですか?何か他にも興味深いエピソードはありますか?また、これまでに他に担当されたタイトルは何でしょうか?

Endo: ストリートファイターⅣでしょうか?私はカプコンに入社した当時、格闘ゲームを良く作ってました。その後何年間も格闘ゲームから離れてましたがその間、今だったらこう作るや今の技術があればこうしたい等のいろんな思いがあいました。そんな時プロデューサーから制作の話が私にきた時は運命を感じました。

他タイトルは
ジョジョの奇妙な冒険
MARVELvs.CAPCOM2
CAPCOMvs.SNKシリーズ
カオスレギオン
新鬼武者
モンスターハンターフロンティア
ストリートファイターⅣ

OSV: サウンドディレクターというお仕事・役割は楽しめましたか、もしくはゲームのサウンドデザインというお仕事の方がむしろ希望されていたのでしょうか?もしかして、この役割の変化が退職のきっかけとなったのでしょうか?

Endo: サウンドディレクターという役割は非常に楽しいです。独立してからといってサウンドディレクションはしていないか?と言えばそうでもないです。サウンドデザイン=サウンドディレクションでもありますのでトータルで表現を続けて行きたいですね。ディレクションが増えた為に退職という事はございません。

OSV: 私たちはあなたのバックグラウンドに関して英文で多くの情報が得られませんので、良かったらあなた自身に関してお聞かせ願えますか?あなたの音楽(もしくはサウンドの)バックグラウンドは何でしょうか?また、どのようにしてゲーム業界で働くようになったのですか?また、あなたの将来のゴールは何でしょうか?

Endo: バックグランドですが、音楽が好きで高校時代にバンドをやってました。それがきっかけで音楽の専門学校に行き、テクノやドラムンベースを好んで聴くようになりました。ゲーム業界に入るきっかけは基本的に作曲がやりたいという人間が多いと思いますが私は学生の時から効果音が作りたいと思ってました。就職活動でカプコンを希望したら運良く入社する事ができました。

OSV: サウンドのスタッフが会社を辞めた後、以前の会社ととてもよい関係を保っている人が多いように思います。あなたが将来カプコンと密接した仕事をしているのを見かけることはあるのでしょうか?また、何か特別やってみたいタイトルとかはありますか?

Endo: うん、あるといいですねwこればっかりはカプコンからお話を頂かないと実現しないですもんね。もちろんお話を頂けば今まで以上に良いものを作って恩返しをしたいと考えてます。

特に限定したタイトルはありません。今後さまざまなメーカー様と仕事を出来る事を本当に楽しみにしております。そういった中で自分を最大限高め表現して良く事が出来れば本当に嬉しく思います。

OSV: 何か決まっている仕事はまだ無いのでしょうか?もしあれば、教えてもらったり出来ますか?

Endo: 残念ですが機密保持規定により、開発中のものはお話できないのです・・・本当に申し訳ありません!

Tags: , , , , , , , ,

2 Comments

We like it when you talk to us

Add your comment below and subscribe to this conversation here. Spam will be moderated.

:

:

Make it fancy?

« Next Post

Previous Post »

More like this Post